カメラの云々 5

色々調べていくに連れて、自分の欲しいレンズが何となくわかってきた。

自分が撮りたいなーと思っているのは、こんなシチュエーション。

  1. 屋外での、花や植物。
  2. 室内での、子どもや食べ物。

花や植物は、普通に寄って撮る以外にもマクロでとれたらなお嬉しい。
室内撮影は、今まで持ってたカメラだとかなり難しいことが多かったから、明るいレンズがほしい。

そこで、マクロレンズにするか標準レンズにするか、ものすごく悩みました。
結論としては、「マクロで撮りたいけど、常になんでもマクロで撮るわけじゃない」。
「花のマクロより、室内での撮影のほうが優先度高い」。

ということになり、標準レンズにすることに決めました。

マクロが撮りたくなったら、エクステンションチューブか、クローズアップレンズを使って撮ればよろしい。
本格的にマクロ撮りたくなったら、その時にちゃんとしたマクロレンズを買うことにしました。

ついでなので、エクステンションチューブとクローズアップレンズの事もまとめておこう。

エクステンションチューブ

カメラ本体とレンズの間に挟む、ただの筒。
この筒を入れると、うまいことマクロで撮影できるようになる。
ただの筒のため安い上、画像の劣化がほぼないので、導入のメリットは大きい。
ただ、絞りリングがついていないレンズにエクステンションチューブを使う場合、絞りが変更できない場合がある。
Gレンズもこの罠にハマる。
カメラ本体とレンズ間で、絞りの電気信号を伝えてくれるエクステンションチューブもあるが、高い。
だったらマクロレンズ買ったほうがいいくらい高い。

クローズアップレンズ

レンズにフィルターのようにつける、拡大するためのレンズ。
レンズにレンズをつけるため、少々画像が劣化する?が、多分素人にはわかんないんじゃないかな。
管理人は前のハイエンドコンデジでクローズアップレンズ着用してたけど、画像の劣化は全くわかんなかった。
エクステンションチューブのように、レンズを外してから装着する必要がないため、気軽に撮るには最適。
また、クローズアップレンズ2枚着けで、超拡大なんてことも可能らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です