WEBサービス」カテゴリーアーカイブ

【LastPassユーザー向け】Heartbleedの脅威から簡単に身を守る方法

Heartbleed、IT関連の方ならご存知でしょう。
過去最大級と言われるセキュリティ災害です。

詳しい内容と対策はこちらが詳しいです。
ウェブを襲った最悪のセキュリティ災害「Heartbleed」から自分の身を守る方法

おそらくインターネットを使用する大多数のユーザーに影響がある、この事件。
もしパスワード管理にLastPassを使っている場合、あなたはラッキーかも。
LastPassの機能で、Heartbleed対策ができてしまうのです。

その機能というのは、昔からある「LastPassセキュリティチェック(セキュリティチャレンジ)」。
パスワードの強度やセキュリティレベルを調べてくれる機能なのですが、これにHeartbleed対策も追加されました。
さすがLastPass、ユーザーの要望分かってるわあ。

やり方は以下のとおり。

  1. ブラウザのツールバーにある、LastPassのアイコンをクリック
  2. 出てくるメニューから「ツール>セキュリティチェック」を選択
  3. 新しいタブが開くので、ページ内下部に何故かめちゃくちゃひっそりとある「チャレンジを開始」リンクをクリック。目立たないのでご注意。

これでセキュリティチェックが開始されます。

チェックがひと通り終わると、ページ上部にこんな情報エリアが表示されます。

Heartbleed対応状況

これがLastPassが自動で調べてくれた、Heartbleed対応状況です。
図にあるように、一番右側に3種類のステータス(You are safe!、Wait、Go Update!)が表示されています。

  • You are safe!だった場合はそのサービスに対する対応は必要なし。
  • WaitはサービスのHeartbleed対応待ち状態。
  • Go Update!はサービス側がHeartbleed対応済みなので、リンクをクリックしてパスワードを変更しましょう。

図にもあるように、かなりの大手サイトがHeartbleedの脅威にさらされています(いました)。
なるべく早い対応を心がけたいもんですね。

無料で読めるWebマンガがアツい

マンガ大好きです。
豪に来てからというもの、なかなか連載中のマンガをリアルタイムで追うのは厳しくなってしまいました。

…が、嬉しい事に近年はWebマンガブーム。
去年出版大手各社がWebマンガサイトをリリースし、質の高いWebマンガが無料で読めるようになってしまいました。
最近だとスマホアプリで無料のマンガを配信してることもあり、かなり手軽に読めてしまいます。
いや素晴らしい。

紙面で連載中の漫画も、最新作一話だけはWebで読めてしまったりして。
毎月サイトにアクセスして、ちゃっかり読んでしまったりしています。

自分の守備範囲の問題なのか、Webマンガで展開しているのは少年向けばかりなような気が…?
そういえば少女/女性向けのWebマンガって知りません。
どなたかご存知でしたら教えて下さいませ~

クラウドストレージ間のファイル転送サービスまとめ

まとめってほどの数はないんですが…
ちょいと調べることがあったのでメモ。

一番期待していた「http://pi.pe/」は現在サービス停止中…なんてこったい。

Otixo

http://otixo.com/
フリートライアルあり。
色んなクラウドストレージに対応してるみたい。

cloudHQ

https://www.cloudhq.net/
フリートライアルあり。
メジャーどころ8個に対応。

Mover

http://mover.io
フリートライアルあり。
この中では一番対応しているクラウドストレージが多い。

ちなみに管理人がやりたかった、Picasa→Flickrのファイル転送はどこも対応していなかった…とほほ…

タイムトラッキングツールを使ってみているよ

いつか書こう書こうと思って忘れてたタイムトラッキングの件を思い出したので、きょうはタイムトラッキングツールのおはなし。

2ヶ月前から、タイムトラッキングツールを使ってみています。

そもそもタイムトラッキングとはなんぞや?という話なのですが、
簡単に言うと、作業時間を記録するってことです。

記録に便利なのが、先程申し上げたタイムトラッキングツール。
私が使っているのはこちら。
http://www.toggl.com/

タイムトラッキングツールとしては、とても有名ドコロだと思います。

今のところなんとなく使っているだけなので、ちゃんと分析したりしてはおりません。
でも、さすがに二ヶ月も自分の作業時間記録してると、レポート内容見ているだけでもなかなか面白い。

この作業めんどくせえええと思いながらやってた作業が、感じていた時間よりよっぽど早く終わっていたりとか。

ちゃんと分析すれば、さくさくタスクをこなす方法と組み合わせて自分の作業時間完全把握できそうです。

Toggl、作業の記録を忘れても、あとから手入力できるのがナイスです(よく忘れるんだこれが…。)
あとはブラウザベースのアプリなので、PCにインスコしなくていいのもナイスですね。
(インスコできるバージョンもあるそうですが)

そうそう、プロジェクト毎の合計時間なんかも見れますよ。
俺、このプロジェクトが終わったら、時給換算してみるんだ…。(完全に死亡フラグ)

インテリアの間取りが簡単に作れる、Floorplannerが楽しい件

管理人は家で仕事をしています。
幸運なことに、うちには仕事をするための仕事部屋があります。
その仕事部屋の配置換え(模様がえ?)をしようと思い立ちました。

で、頭のなかでシミュレーションを始めたわけですが…

PCデスクをこっちに向けて、ソファをあっち側に向けて…
いやでも、そうするとコンセントが隠れちゃうぞ…?
そもそもそっち向きにおいて長さ足りるのかー?

と、考えれば考えるほど頭がごちゃごちゃに(´・ω・)
そうだった、管理人は、空間認識能力が絶望的に無いんだった…。

そんな時はGoogle先生に泣きつきます。
確か、無料で間取り図が作れるツールがあったはず…!

ツール自体はサクっといくつか見つけられたのですが、その中で一番簡単に使えそうで、家具も揃っていたのがFloorplanner
普通に使う分には、無料で使用出来ます。
嬉しいのが、ブラウザ上で全てが完結するWEBアプリなこと。
インストールする必要もなく、作ったデータは全てクラウドに保存されます。
便利!

さらりと会員登録を済ませ、さっそく配置換えしたい部屋の間取りを作っていきます。
これがアプリの画面。

floorplanner

右側が部屋の間取りを書き込んでいく、方眼紙のような画面。
左側が家具たち。

自分の部屋の外枠を作成。
きちんと部屋の長さを測って、完璧な間取り図にすることもできます。
が、管理人はめんどくさかったので、適当にそれっぽく、部屋の形だけ作りました。
部屋の形は、右上の「工事」から「引き分け部屋」というツールで作れますよー。

ある程度部屋の形が出来たら、左側から窓やドアをドラッグ&ドロップで持ってきて、配置します。
大きさや角度が自由自在に変えられますよー。

ここまできたら、あとは家具の配置をするのみ。
左側からドラッグ&ドロップで家具を持ってきて、間取りに配置します。
家具によっては、色を変更できるものもあります。
家具を選択すると出てくる、iマークをクリックしてみてね。

で、できたのがこちらー!

first-design

間取り図っぽく出来ました!
なんとなくの大きさでも、実際の大きさがどれくらいかわかっているので、どうにかなりますw
ちなみに間取り図画像は、右上のエクスポートボタンから出来ます。

ちなみに、間取り図は3Dで見ることもできます!
さっそく出来た間取り図を3Dに…!!

20130419231528

見なかったことにしましょう。

とはいえ、頭のなかで考えるより、ずっと早く配置を考えつくことが出来たのはこのツールのおかげ。
頭で考えられ無くなったら、ぜひ試してください。
楽しいし、おすすめですよー!