カメラの云々

父に一眼レフを譲ってもらってから1年。
だいぶ手に馴染んできたので、自分に合ったレンズを購入予定。

レンズって奥ふけー。

勉強することすごいあるわー。
ちょっとずつまとめてく。

レンズの焦点距離について

レンズのスペックを表すのに色んな数字があるけど、「18-135mm」「50mm」などのようにmmで表示されている項目が。
これが、焦点距離。

この数値が小さいほど広い範囲を撮影できる。
広角で撮れるとか、ワイドとか言う。
たとえば、50mmだと椅子に座ったままテーブルの上の料理は撮れないけれど、35mmだと撮れるとか。

また、この数値が大きいほど遠くのものが撮れる、ズームして撮れる。
望遠とか、ズームとか言う。

「18-135mm」など、2つの数字があるときは、ズーム機能があるということ。
18mmがいちばんワイドの焦点距離、135mmがいちばんズームの焦点距離。

「50mm」など、数字がひとつの場合はズーム機能がない単焦点レンズということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です