MacbookAirに入ってるEvernoteをアンインストールした

Evernote使い始めてちょっと。
なんとなく自分仕様になってきた。

Evernoteって「情報を貯めこむ場所」だから仕方ないのだけれど、どんどん情報が増える。
そうすると、インストール型のアプリの貯めこむ容量もどんどん増える。

問題は、あまり容量に余裕のないPCで使用する場合。
自分の場合は、Macbook Air 11inchがあまり容量に余裕が無い。
しかもAirたんはSSDなので、あまりガツガツ書き込んだり削除したりしたくない。

そんな時にこんな記事を見つけた。
ノート数が5000を超えたところでEvernoteをアンインストールした3つの理由

記事主の取った対策は、WEBアプリを使うこと。
なるほどねー。

試しにWEBアプリ使ってみたら、余裕でした。
ノート開くときのレスポンスとか、読み込みが入るのでちょっと遅いけど、全然使える。
大量に編集とか細かいことやるときは、他のPCのアプリでやれば問題ないしね。

WEBアプリはネットに繋がっていないと閲覧できないのが問題だけれど、基本的に家で使っているから、ネットにはつながっているし。
外出時は携帯のテザリングでネット繋げるし無問題。
しばらくこれで行ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です