【LastPassユーザー向け】Heartbleedの脅威から簡単に身を守る方法

Heartbleed、IT関連の方ならご存知でしょう。
過去最大級と言われるセキュリティ災害です。

詳しい内容と対策はこちらが詳しいです。
ウェブを襲った最悪のセキュリティ災害「Heartbleed」から自分の身を守る方法

おそらくインターネットを使用する大多数のユーザーに影響がある、この事件。
もしパスワード管理にLastPassを使っている場合、あなたはラッキーかも。
LastPassの機能で、Heartbleed対策ができてしまうのです。

その機能というのは、昔からある「LastPassセキュリティチェック(セキュリティチャレンジ)」。
パスワードの強度やセキュリティレベルを調べてくれる機能なのですが、これにHeartbleed対策も追加されました。
さすがLastPass、ユーザーの要望分かってるわあ。

やり方は以下のとおり。

  1. ブラウザのツールバーにある、LastPassのアイコンをクリック
  2. 出てくるメニューから「ツール>セキュリティチェック」を選択
  3. 新しいタブが開くので、ページ内下部に何故かめちゃくちゃひっそりとある「チャレンジを開始」リンクをクリック。目立たないのでご注意。

これでセキュリティチェックが開始されます。

チェックがひと通り終わると、ページ上部にこんな情報エリアが表示されます。

Heartbleed対応状況

これがLastPassが自動で調べてくれた、Heartbleed対応状況です。
図にあるように、一番右側に3種類のステータス(You are safe!、Wait、Go Update!)が表示されています。

  • You are safe!だった場合はそのサービスに対する対応は必要なし。
  • WaitはサービスのHeartbleed対応待ち状態。
  • Go Update!はサービス側がHeartbleed対応済みなので、リンクをクリックしてパスワードを変更しましょう。

図にもあるように、かなりの大手サイトがHeartbleedの脅威にさらされています(いました)。
なるべく早い対応を心がけたいもんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です